ヒアルロン酸は40代から急激に生成量を減らすので、補充がおすすめ!

肌のターンオーバー低下タイプは、角質ケアで治す!

毛穴のケアについて説明する女性

シミやフェイスラインのたるみなど、顔にあらわれる肌トラブルは人目につきやすいのが大きな悩みです。

特に毛穴の開きは一度なってしまうとなかなか治りづらいという特徴があります。

さらに10代20代と違い、40代の肌は新陳代謝が低下するので、さらに治すのが難しくなっています。

ですが、自分の毛穴の開きの原因をきちんと理解することで、効果的に治すことが期待できます。。


毛穴の開きは、主に3つのタイプに分類されます。

1つ目は、肌が乾燥することで起こるものです。

肌の乾燥は肌内部にあるヒアルロン酸やコラーゲン・セラミドなどの保湿成分が少なくなることで起こります。

その結果、肌のハリや透明感が失われ、通常時よりも毛穴が目立ちやすくなるので注意が必要です。。


このような肌の保湿成分の減少は、30代40代と年齢を重ねるにつれて顕著になってきます。

これを防ぐためには、若いうちから化粧水や美容液で保湿成分を補っていくことが大切です。

40代から急に肌の乾燥が悪化してきたという人は、ヒアルロン酸の補充がおすすめです。

何故なら、ヒアルロン酸は40代から急激に生成量を減らすという特徴があるからです。


2つめのタイプは肌のターンオーバーが低下するタイプです。

肌のターンオーバーが低下すると、古い角質が長く肌に留まることになり、毛穴に詰まって押し広げる原因となります。

古い角質に皮脂やファンデーションなどの汚れが混ざると、黒く酸化してプツプツとしたイチゴ肌の原因にもなるので気をつけましょう。。


このような肌のターンオーバー低下タイプは、角質ケアで治すことができます。

ピーリング効果のあるスキンケアアイテムを利用したり、オイルタイプのクレンジングで優しく洗顔することで角質を取り除くのがおすすめです。。


3つめのタイプは、肌がたるむことで毛穴の開きが目立つタイプです。

このタイプは肌年齢が低下する40代以降から目立つ傾向があります。

自分の肌をチェックしてみて、縦長に引っ張られるような開きがある人は、たるみタイプと考えられます。。


たるみタイプをケアするためには、肌の弾力をアップさせる必要があります。

これにはコラーゲン配合のスキンケアアイテムが有効です。

これに加えて、健康的な肌の生成に効果的なプラセンタエキスの補充もおこなってみましょう。。


たるみタイプの改善には、顔の筋肉トレーニングをするのもおすすめです。

これによりフェイスラインがシャープになり、頬の毛穴を目立たなくさせることができます。



毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ