化粧品でおすすめのものは、「ふきとるタイプの角質とりローション」…!

スキンケア方法や心がけることは、「乾燥を防ぐ」!

毛穴のケアについて説明する女性

50代になりますと、肌のハリやふっくら感が低下して、たるみが目立ち始めてきます。

たるみが進行すると、毛穴の開きも同時に目立つようになりますし、若い頃には球状だった毛穴が縦に開いたようになってくるのも特徴です。


そんな50代の毛穴の開きを治す方法はあるのでしょうか。

どんな化粧品を使うことが効果的なのか、ケアすべき点なども含めて見ていきましょう。



・化粧品でおすすめのもの
「ふきとるタイプの角質とりローション」・・・古い角質を除去することで、毛穴はもちろん、キメの乱れなどにも効果がありそうです。

ローションタイプでいつものスキンケアの最初に、導入ローションとしても使用できるので、便利です。


「酵素入り洗顔料」・・・お肌のざらざらや毛穴の汚れを取り去ってくれます。

特に気になる小鼻の黒ずみが徐々に目だななくなるなどの効果が期待できます。


「美容成分配合のクレンジングオイル」・・・毛穴やメイクの汚れを落としながら、くすみの原因を除去して、美容成分を浸透させるメイク落としオイルです。

マッサージしながら使用することで、お肌の血行を促し、表情筋に沿ったマッサージをすればたるみ防止にもつながります。

洗い流すタイプとふきとるタイプとがあります。



・スキンケア方法や心がけること
「乾燥を防ぐ」・・・お肌にトラブルを起こす最大の要因である「乾燥」ですが、毛穴の開きの原因にもなります。

肌の潤いを保つためには皮脂膜が肌を守っていますが、その皮脂膜が失われることにより乾燥がすすみ、角質のふっくら感がなくなって毛穴が目立って見えるようになります。

また乾燥を補うための皮脂が多く分泌され、毛穴の開きが進行してしまいます。

更に乾燥が進行するとバリア機能が低下して、他の肌トラブルまで引き起こすことがあります。


「ホットタオルを使う」・・・メイクを落としたあと、洗顔して肌を清潔にします。

濡れたタオルを電子レンジなどで温め、顔全体を覆ったら乾かないうちに、スキンケアをします。

温かいタオルを顔に当てることでリラックスしますし、血行もよくなり、その後のスキンケア成分の浸透がよくなります。


「たっぷり栄養と睡眠をとる」・・・いくら外側から治すためのケアをしても、体の内側の栄養が足りていなくては効果が出にくいものです。

また肌の新陳代謝を促すことで、毛穴の開きを目立たなくさせる効果もありますので、それには何よりも質の良い睡眠をとることが大切です。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ